ソーラーエッジ、日本市場向けに専用設計された次世代の産業用三相パワーコンディショナを発売 | ソーラーエッジ| スマートエネルギーの世界的リーダー
Close mobile menu

ソーラーエッジ、日本市場向けに専用設計された次世代の産業用三相パワーコンディショナを発売

Media announcement for Japan

ソーラーエッジテクノロジー株式会社(本社:イスラエル)は、低圧および高圧案件向け三相パワーコンディショナJPIシリーズの発売で、日本の産業用製品のポートフォリオを強化します。日本の産業用向けに特別に設計されたこの新シリーズには、420/440Vの三相三線出力が含まれており、新規の太陽光発電設備の設置や既存のサイトのリパワリングに適しています。

JPIシリーズは多くの新機能を導入し、太陽光発電量の増加、前例のない設計の柔軟性、より大きな過積載率と高度なDC安全性を含むDC最適化などの利益を市場にもたらします。 三相パワーコンディショナJPIシリーズは、新しいJEM1505(三相パワーコンディショナ用アクティブアイランディング検出スキーム)に準拠し、単独運転の誤検出によるフリッカー発生の抑制に貢献します。

モジュールレベルの最大電力点トラッキングを有するパワーオプティマイザにより、一般的なパワーコンディショナが持つ制限を克服し、例えば異なるストリング長や異なるモジュールタイプの接続を可能とし、長いストリングによりストリング数を削減します。わずか32kgのパワーコンディショナは、収益性の高いシステムを一人で簡単に設置できるようサポートします。

現場で交換可能なサージ保護デバイス(RS485 SPDとDC SPDを内蔵し、オプションでタイプ2 AC SPDを追加可能)は、落雷時の保護を強化し、外部デバイス購入・設置の手間を省きます。さらに人件費を削減するために、SetAppアプリを使用したスマートフォンでの操作が可能です。

パワーコンディショナは、以下の電力範囲でご利用いただけます。

低圧案件用: SE25K-JPI
-    380V、3相3線式デルタおよび4線式スター 50/60Hz
高圧案件用: SE33.3K-JPI4
- 420 V(50Hz)、3 相 3 線式デルタおよび スター 
- 440 V(60Hz)、3相3線式デルタおよびスター
高圧案件用: SE33.3K-JPI8
- 480V、3相3線式デルタおよび4線式スター 50/60Hz


新三相パワーコンディショナJPIシリーズの写真や技術情報の詳細については、こちらをクリックしてご確認ください。

 

ソーラーエッジについて:

ソーラーエッジ(本社:イスラエル ヘルツリーヤ)は、スマートエネルギー技術のグローバルリーダーです。世界クラスの技術的能力とたゆまざるイノベーションへの集中により、われわれの生活にエネルギーを与え未来の進歩をもたらすスマートエネルギーソリューションを創り出します。
ソーラーエッジは、太陽光発電(PV)システムにおける電力の取出しや管理方法を変革したインテリジェントなパワーコンディショナソリューションを開発しました。DC最適化パワーコンディショナソリューションは、太陽光発電システムのコストを削減し、発電量を最大限に引き出します。さらにスマートエネルギーを推進し、太陽光発電、蓄電池、EV充電器、バッテリー、UPS、EVパワートレーンやグリッドサービスソリューションなど、幅広くエネルギー市場に対応していきます。
詳細については、弊社ウエブサイトsolaredge.com/ja をご覧ください。

Press Contact
SolarEdge Technologies
Marketing 太田 結加