Increase revenue by repowering low-voltage PV sites | ソーラーエッジ| スマートエネルギーの世界的リーダー
Close mobile menu

Increase revenue by repowering low-voltage PV sites

Increase revenue by repowering low-voltage PV sites - benefits banner
Increase revenue by repowering low-voltage PV sites - benefits banner

低圧サイトの多くは、いくつかの理由により、
発電量を最大化できていません:

  • 少ないMPPTではサイトパフォーマンスが低下します
    モジュールのミスマッチは、影、製造公差、汚れ、輸送時の損傷、および想定外の障害により発生
    します。従来型のパワーコンディショナでは、ストリング内のモジュールがそれぞれ異なる最大電 
    力点(MPP)を持つため、最も能力の劣るモジュールが、ストリング全体に影響し出力を下げるこ 
    とになります。
  • モジュールの性能劣化によるミスマッチ
    モジュールは一般に、20年間の使用でその定格出力の80%までの劣化が許容されています。
    この劣化はモジュールごとに異なる速度で進行するため、劣化の大きいモジュールと小さい
    モジュールが生じます。従来型のパワーコンディショナを使用している場合、この経年劣化による
    ミスマッチも、ストリング全体の出力を低下させます。
  • 将来における想定外のミスマッチ
    多くのシステムでは、システムが設置されてから後に、サイトの周囲にできた新しい樹木、
    電力ケーブル、およびフェンスのような様々な想定外の障害物のために、モジュールミスマッチの増加 
    がみられます。
    ソーラーエッジ DC最適化ソリューションは、モジュールレベルで最大電力点トラッキング(MPPT)
    を行うことによりミスマッチによる損失を低減します。つまり、各モジュールから最大の電力を取り
    出し、ミスマッチに関連する発電の損失を取除きます。システム内のモジュール間の不整合が大き
    いほど、ソーラーエッジ・リパワリングにより増加する発電量は大きくなります。
  • 旧来の技術で変換効率の低いパワーコンディショナ
    5年前に市場で入手可能なパワーコンディショナの多くは変換効率が94%~95%でした。
    ソーラーエッジのHD-Waveテクノロジー搭載パワーコンディショナは、記録破りの変換効率99% 
    を誇り、その結果、市場の標準的なパワーコンディショナにくらべ発電損失が大幅に減少します。 
    これにより、発電量のさらなる増加が可能となり、投資収益がさらに改善されます

More Energy image

 

FIT終了までの保証

すべてのパワーコンディショナは、システムの運用期間中に少なくとも1回の交換が必要です。さら
に、その製品保証はすでに終了しているか、または終了間際の状態になっています。すべてのパワー
コンディショナは、近い将来に交換が必要になるため、一度にすべて交換する方がコスト効率が高
くなります。

発電量の改善は早ければ早いほど将来の収益を拡大することが可能です。現在ご使用のパワーコ
ンディショナの保証期間終了を待つ必要はありません。今すべてのパワーコンディショナをソーラー
エッジに交換すると、FIT期間終了までの製品保証が付いてきます。*

 

* 2020年9月の終わりまでにご購入いただき、お届けしたリパワリングサイトに適用されます。

 

warranty image

 

モジュールレベルモニタリングによる
高度な資産管理

ソーラーエッジのオンラインモニタリングプラットフォームを使用することで、
太陽電池アレイ内をモジュールレベルでリアルタイムにパフォーマンス監視す
ることが可能です。これまで見えなかったサイト内の問題を把握できO&Mコス
トを削減することができます。

  • リモートトラブルシューティングと強化されたメンテナンス機能により、システ
    ムの稼働時間を高め、現場訪問回数や現場での作業時間を短縮します
  • 自動アラートでシステムの問題を通知し、仮想サイトマップ上でのピンポイン
    ト表示で即時の故障検出が可能となります
  • ミスマッチの影響を心配することなく、すでに設置済みの不具合モジュールを
    新しいモジュールに交換することが可能です。新旧のモジュールがストリング
    内に混在しても、新しいモジュールの発電量が低下することはありません

monitoring image

 

設計の柔軟性により、リパワリングが簡単

  • ソーラーエッジの柔軟なデザインにより、長さの異なるストリングや長いストリングが可能
    現サイトの物理的レイアウト変更は不要です。
  • ソーラーエッジの自由度の高いストリング構成で、簡単にストリングの再設計を行うことができます。
  • ソーラーエッジの長いストリングによりストリング数を削減することができます。一般的なパワー
    コンディショナでは4ストリングあるところを、多くのシステムでは1ストリングに削減することが可
    能です。
     
flexibility image
Off
Off