Decrease Expenses | ソーラーエッジ| スマートエネルギーの世界的リーダー
Close mobile menu

Decrease Expenses

Decrease Expenses desktop top banner
Decrease Expenses desktop top banner

BoS コストの削減 – システム比較

ソーラーエッジソリューション
  • 各ストリング26-50枚のモジュールを搭載可能 (最大容量15.3kW まで)
  • 長さの異なるストリングを並列に接続可能
  • 影の影響は、影の掛かったモジュールに限定され、ストリング内の他のモジュールには影響しない
  • モジュールの種類や大きさにかかわらず使用可能
  • 自由な角度や方角で設置可能
一般的なストリングパワーコンディショナ
  • ストリング長がモジュールの電圧により制限
  • MPPTごとににストリング長を合わせる必要
  • 影の掛かったモジュールがストリング全体の出力に影響を与える
  • 異なるタイプのモジュールを同一ストリングに使用することは出来ない
  • MPPTごとに方角と角度は固定される

配線の比較

ソーラーエッジソリューションはストリングあたり15.3kWまで設置可能
より長いストリングで合計ストリング数を少なくし、ケーブル、接続箱および他の部材を減らすことができます。

この100kWの例では1.2¢/Wp BoSコストを削減

Black Line オプティマイザの出力ケーブル Red Line 追加直流ケーブル
ソーラーエッジの直流配線図
SolarEdge cabling image
一般的なパワーコンディショナの直流配線図
Traditional cabling image

パワーコンディショナの交換と
延長保証

一般的なパワーコンディショナの保証は5−10年です。従い、システム稼動期間において最低一回の交換が必要となります。このために交換費用を確保しておくか、延長保証の購入が必要になります。

一般的な20年間の延長保証は3-4c/Wpかかります。

  • パワーコンディショナシステム全体に対し70%のコストを占めるパワーオプティマイザは25年の保証がつきます。
  • ソーラーエッジのパワーコンディショナは10年もしくは12年の標準保証が付いており、20年の延長保証が1¢/Wp で可能。一般的なパワーコンディショナに比べ2-3¢/Wpの削減ができます。
Inverter Replacement/Warranty Extension

O&M コスト削減

ソーラーエッジでは年間のO&M費用を15%-25% 削減できます.
 

モニタリング: 

  • モジュールレベルのモニタリングがシステム稼動期間にわたり無料、データベースの使用料もありません。
  • 電力線通信により、モジュールの監視に追加の機器は不要。パワーコンディショナがイーサネットおよびRS485 を通してデータを発信。

 

予防的なメンテナンス:

  • 高解像度のモニタリング
  • 遠隔による点検
  • 少ないストリング数 – 点検時間の短縮

 

不具合対策: 

  • ピンポイントのアラート
  • 高度なトラブルシューティング
  • より安全なメンテナンス
O&M graph
Increase Revenue icon
より多くの収入

より自由度の高いデザインでより多くのモジュールを設置可能に
システム稼動期間にわたりより多くの発電

Mitigate Risk icon
リスクを軽減

安全機能内蔵 - Safe DC 
人々と資産の安全性最大化

産業用ソリューションに関するご質問はございますか?
メールで回答させていただきます.

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。