ソーラーエッジ産業用ソリューションでソーラー収益を向上
Close mobile menu

収益を向上

収益を向上 desktop top banner
Increase Lifetime Revenue desktop top banner

全てのモジュールからのより多くのエネルギーを

ソーラーエッジは、影の問題がないPVシステムにおいても、製造公差によるミスマッチや汚れなどによる損失を低減することで、初年度でシステムの発電量を約2%の向上することができます。また、モジュールの劣化は均一ではなく、ミスマッチの原因ともなります。ソーラーエッジは多くの場合、このミスマッチをシステムの稼動期間にわたって軽減することで、約3〜5%発電量を向上します。 これは、システム稼動期間にわたって平均で4〜6c / Wpの収益を追加することになります。

全てのモジュールからのより多くのエネルギーを desktop image

屋根上でより多くの発電を

屋根上でより多くの発電を desktop image
屋根上でより多くの発電を mobile image

~27%発電量向上

33%の影による損失を〜5%改善したと仮定すると、システムの所有者は、システム稼働時間中に〜3%の追加収益(6c / Wp)を受け取り、EPCは〜2c / Wpの追加利益を得る。

ソーラーエッジパワーオプティマイザは、次のような設置も可能にします:

  • 部分的に影の掛かる場所へのモジュール設置
  • 長さの異なるストリング
  • ストリング内に方位と傾斜の異なるモジュールの設置


その結果:

  • 屋根面を最大限の利用
  • より大きなシステムサイズでより早い投資回収
  • EPCの利益増加
コストの削減 icon
コストの削減

自由度の高い設計 - BoSコストの削減
O&Mコストの削減

リスクを軽減 icon
リスクを軽減

安全機能内蔵 - Safe DC 
人々と資産の安全性最大化

産業用ソリューションに関するご質問はございますか? 
メールで回答させていただきます.

この質問はあなたが人間の訪問者であるかどうかをテストし、自動化されたスパム送信を防ぐためのものです。