ソーラーエッジについて | SolarEdge
Open mobile menu
Close mobile menu

ソーラーエッジについて

 会社概要はこちら.

ソーラーエッジは、太陽電池システムにおける発電方法と管理方法を変革するインテリジェントなパワーコンディショナソリューションを開発しています。 ソーラーエッジの 直流 (DC) 用に最適化されたパワーコンディショナシステム は、太陽電池の発電量をモジュールレベルで最大化し、太陽電池システムの発電コストを低減します。
SEDG-building
 
住宅用から産業用に至る太陽電池システムの設置や小規模な公共施設用など、広範な太陽電池市場に対応するソーラーエッジシステムは、パワーオプティマイザ、パワーコンディショナおよびクラウドベースのモニタリングプラットフォームで構成されています。
 
ソーラーエッジシステムは、個々の太陽電池モジュールにパワーオプティマイザを設置することで優れた発電性能とモジュール管理を実現し、シンプルなDC-ACコンバータを利用して交流(AC)への変換と系統との給配電を集約して行うことでシステムコストの価格競争力維持に貢献します。
 
モジュールメーカー、設置業者およびシステム所有者にとってソーラーエッジ製品を利用する上での戦略的なメリットは、モジュールレベルの最大電力点追従(MPPT:Maximum Power Point Tracking)による発電量の最大化、より柔軟な設計を可能にする最適な屋根利用、モジュールレベルのモニタリングによる先進的なメンテナンスと正確なトラブルシューティングの実現などが挙げられます。さらに、SafeDC™機能により直流電圧を自動でシャットダウンできるので、設置業者、保守担当者および消防士の安全性も確保できます。
 
2010年に製品の出荷を始めて以来、ソーラーエッジは約5.9ギガワット分に相当する直流用に最適化されたパワーコンディショナシステムを出荷し、ソーラーエッジ製品は120ヵ国以上の太陽電池システムに設置されています。
 
ソーラーエッジは、すべての太陽電池市場においてパワーコンディショナソリューションのリーディングプロバイダーとなり、クリーンで再生可能な太陽光エネルギーの可能性を広めることをミッションとして掲げています。