通信 | ソーラーエッジ| スマートエネルギーの世界的リーダー | ソーラーエッジ
Close mobile menu

通信

コントロールコミュニケーションゲートウェイ

ソーラーエッジコントロールコミュニケーションゲートウェイは、ソーラーエッジ製品のモニタリングおよび制御機能を拡張します。これはソーラーエッジパワーコンディショナ、環境センサおよび売電メータと接続できます。 また、モニタリングデータをソーラーエッジモニタリングサーバに伝送できるだけでなく、オプションとして他社ロガーにもデータを伝送できます。

 

主な特徴機能:

RS485サージプロテクションデバイス

雷やその他のサージは予測がつかず、また保護されていないパワーコンディショナに一瞬でダメージを与えることがある。ソーラーエッジのRS485サージプロテクションデバイスは、もしサージが起こってもRS485トランシーバを保護するように設計されている。この小さく安価なデバイスはソーラーエッジの三相パワーコンディショナに使用可能である。9ピンのコネクタによりRS485ターミナルに取り付け、1本のケーブルをパワーコンディショナの接地ネジにつなげる。このRS485サージプロテクションデバイスは9ピンのコネクターブロックを有し、直接ワイアを接続するのではなく、このブロックを保護されていないコミュニケーションボードのコネクタに接続して使用することが出来る。

RS485サージプロテクションデバイス(SPD)はClass IIのSPDでUL497B / IEC 61643-21にしたがって設計されている。試験の結果、複数回のサージに対して耐えることが出来ることを確認している。

 

W-CDMA データ通信キット

W-CDMAモデムはソーラーエッジパワーコンディショナとモニタリングプラットフォームをワイヤレスで接続します。このモデムはソーラーエッジパワーコンディショナの内部に設置され外部アンテナと接続し使用します。設定は簡単で施工時間を短縮します。

製品の特長

  • ソーラーエッジパワーコンディショナをワイヤレスでインターネットに接続
  • W-CDMA回線(Docomo FOMAおよびSoftbank3G)が使用可能 - 発電所にインターネット接続機器の設置が不要
  • パワーコンディショナ内に設置するため機器の収納箱等不要
  • 遠隔による監視とトラブルシュートが可能に
  • 5年間の通信費を含む

    サービスエリアマップ